花粉症の肌荒れ 肌トラブル 花粉 ヒリヒリ

MENU

花粉症による肌荒れの症状

「花粉が原因で乾燥肌になる」といっても、ちょっとピンとこないかもしれませんが、実はとても密接に関係しています。

 

「乾燥肌になる」ことが、花粉症の症状の1つなんです。

 

花粉症というと、目の充血やくしゃみ・鼻づまりなどを連想されると思いますが、これは口や鼻から花粉を吸いこんでアレルギー反応が起こった場合です。

 

その他に花粉が肌に直接触れた場合・付着した場合の花粉症があるんです。その症状は当然、肌(皮膚)に症状が現れます。肌にスギやヒノキの花粉が付着し、肌が荒れる症状で、花粉症乾燥肌(花粉症皮膚炎・花粉皮膚炎)といわれています。

 

目の周りや、あごから首にかけての皮膚がカサカサに乾燥し粉っぽくなり、肌荒れを起こしたりします。(花粉症乾燥肌

 

さらに、顔全体がかゆい、ヒリヒリしたり、赤みをおびて腫れぼったくなるなど皮膚炎に近い症状になることもあります。ここまでくると花粉症皮膚炎といわれるレベルです。

 

花粉症の症状として、乾燥肌や皮膚炎に近い症状があるということなんです。
目のあたりをこすったり、鼻を繰り返しかんだりして皮膚を摩擦することでさらに症状を悪化させることになります。

 

この症状に加えて、春の気候や温度変化や乾燥、そして紫外線量の増加する環境が肌への負担をもっと大きくしていきます。

顔がヒリヒリする花粉症の対策情報を紹介!

スポンサードリンク