花粉症の肌荒れ 肌トラブル 花粉 ヒリヒリ

MENU

春先の肌荒れ

冬の寒さが遠のき、うららかな春の気配を感じるようになってくると気持ちは晴れやかになるのですが、案外この時期というのは、お肌が乾燥したりかゆみがでたりと肌トラブルを抱える方も多い時期なんです。

 

それは花粉症の時期とも重なっていますが、大きくは3つの要因があります。
これらによって、お肌のバリア機能が低下する肌トラブルが引き起こされます。

 

■ 気候的要因
春先は季節の変わり目で、毎日の気温の変動も、1日のうちでも朝晩の寒暖差も大きいる時期です。そのことで自律神経の乱れも生じてきます。

 

さらに空気が乾燥してきます。湿度そのものは冬と同じくらいに低いのですが、暖かくて強い春風が吹き、そのためお肌の水分が奪われ乾燥しやすくなり、バリア機能が低下します。そして紫外線もどんどん強くなってきます。

 

■ 外的刺激の要因
強い春風が吹くと、アレルギー物質である花粉や黄砂とPM2.5、砂ぼこりなどが飛んできて直接お肌に付着します。異物の刺激を感じ取ったお肌は、それらを排出しようと皮脂を盛んに分泌したり、アレルギー反応を起こしたりします。
肌が乾燥していると、この影響はさらにはっきり現れてきます。

 

■ 内的な(心理的)要因
春は新年度で引っ越しや職場での異動などで、大きく生活環境が変化によることが多くストレスを受けやすい時期でもあります。


顔がヒリヒリする花粉症の対策情報を紹介!

スポンサードリンク