花粉症の肌荒れ 肌トラブル 花粉 ヒリヒリ

MENU

花粉症による肌荒れの原因

皮膚は外部の刺激から守るために、バリア機能を備えています。ですから通常なら肌はバリア機能をいかして、花粉からの刺激を防いでいます。

 

ですが春先の環境の変化が相乗的に重なることに加えて花粉がお肌に付着すると・・・
ついに肌のバリア機能の低下が始まってしまいます。

 

肌のバリア機能が低下してくると、まず肌が水分を保てなくなり乾燥してきます。肌の表面の角質がしだいにめくれ、見た目ではカサカサになってきます。(花粉症乾燥肌)

 

さらに肌が乾燥したところに、さらに花粉が付着してさらに刺激を受けることになると、かゆみ、肌荒れなどとなって表れてきます。(花粉症皮膚炎)

 

これで「花粉症によって乾燥肌になり、乾燥肌になってしまうことでさらに花粉症の症状が悪化する」という、お肌にとっての負のスパイラルに陥ってしまいます。

顔がヒリヒリする花粉症の対策情報を紹介!

スポンサードリンク