花粉症の肌荒れ 肌トラブル 花粉 ヒリヒリ

MENU

春に顔がヒリヒリする〜花粉症の肌荒れ

春めいて春一番が吹くと、ニュースなどで花粉症の話題が取り上げられるようになります。
日本で花粉症に悩まされる方の多くは、スギ花粉、ヒノキ花粉で、時期としては3月、4月、5月にあたります。春ど真ん中ですね。

 

この3月、4月、5月の時期というのは、肌荒れになる方が多い時期でもあります。
お肌が赤くなったり、ヒリヒリしたり、かゆかったり・・・

 

この花粉症と肌トラブルの2つが時期が重なっているというのは偶然ではないんです。
確かに季節の変わり目で、体調自体の変化もあるんでしょうが、それよりもはるかに花粉がお肌にあたえる影響の方が大きいんです。

 

一般の症状として「アレルギー性皮膚炎」があるわけですから、アレルギーの一種である花粉症が皮膚炎を起こす可能性もあるわけです。ですから花粉によって肌荒れしたり、かゆくなることもあるのだと思ってください。

 

そしてご自分は花粉症ではないと思っている方、あるいは花粉症の自覚がない方、そして実際に花粉症といえるほどではない方でも、この春先の花粉の影響は受けてます。

 

花粉症の自覚がない方でも、春の肌荒れ、ニキビ、赤み、かゆみ、ヒリヒリ、乾燥などの原因が花粉かもしれないんです。

 

そんな方も季節の変わり目である春だから肌荒れは仕方ないと思わないで、花粉対策をすることで大きく改善できる可能性があります。

 

そして花粉による肌荒れを起こさないためにはどうしたらいいんでしょう。
肌荒れを起こしてしまったら・・・その対策をご紹介しています。


花粉症の肌荒れ対策の基本

花粉症の肌荒れから肌を守るためには3つの基本があります。
化粧品はこれらのことを満たしているものを選んでください。

 

・保湿効果があるもの
化粧水の多くは保湿効果をうたっていますが、そのなかでも本当に「高保湿」なものを選んでください。
・炎症を抑えるもの
刺激を受けて荒れてしまったお肌を修復することが期待できるもの。
・肌のバリア機能を高めるもの
保湿し炎症を抑えても、あいかわらず外部の刺激を受けていては何にもなりません。
肌を保護してこれ以上の刺激を受けないために、バリア機能を高めること必要です。

花粉症の肌荒れを改善する化粧品

ラミューテ

 

ラ・ミューテ美肌セット

お肌のバリア機能を高める!

● 潤いを補い・守り・作り出すローズを使った化粧水です。
● 春の花粉による刺激からお肌の乾燥から守ってくれます。
ラ・ミューテの肌本来の機能を高める美肌システム(モイスチャリングサイクルー)の高保湿効果によって、肌のバリア機能を高め、花粉によるお肌のアレルギー反応を起こしにくくしてくれます。ラミューテ

≫≫ダマスクローズ化粧品ラ・ミューテ


 

アヤナス



外部の刺激から乾燥肌・敏感肌を守る!

● 高濃度のヒト型セラミドで保湿。
● 抗糖化美容液で炎症を抑える。
● 特許技術「ヴァイタサイクルヴェール」のバリア層を形成!
アヤナス(ayanasu)はディセンシア(decencia)のシリーズです。アヤナス

≫≫敏感肌にハリ肌「パンっ!」 decencia


 

ビーグレン



外部の刺激からお肌を守る!

● 炎症を抑え肌の奥まで潤う薬用スキンケアです。
● ビーグレン独自の浸透テクノロジーQusome
● 花粉症セットか、ニキビケア トライアルセットがおすすめ!
薬用成分のグリチルリチン酸ジカリウムが、やさしく炎症やかゆみを抑えます。
さらに、ビーグレン独自の浸透テクノロジーQusomeで、水分をお肌の角層の奥まで導き、水分保持をサポートしてくれ、バリア機能を高めてくれます。これは大手の化粧品メーカーでもたちうちできない独自の技術です。ビーグレン

≫≫肌花粉症ケアにビーグレン


お肌を守る最新情報

アレルバリア
日中の花粉やちりからお肌を守ってくれる美容液・・・

ショップから探す・・・

ワタシプラス 資生堂
トップページ>「アレルバリアのバナー」をクリック、あるいは検索窓「アレルバリア」をクリック

顔がヒリヒリする花粉症の対策情報を紹介!

スポンサードリンク